エレファンテック 技術ブログ

フレキシブル基板製造開発ベンチャー企業 エレファンテック(旧:AgIC)株式会社の技術ブログです。

【インタビュー】鳥取大学 三浦政司先生

【インタビュー】鳥取大学 三浦政司先生

 

鳥取大学工学部の助教授の三浦政司先生。
「実際の問題を解決する力」を養成するために,ものづくりを伴う問題および課題解決型の教育(Problem/Project Based Learning)にも取り組んでいらっしゃいます。
ご自身の飛翔体の制御の研究だけでなく学生の研究にフレキシブル基板をどう役立てていくか、Maker Faire Tokyo 2017の会場で、お話を伺いました。

 

(三浦先生)
鳥取大学の三浦です。よろしくお願いします。

(杉本)
三浦さんとは、長いつきあいです。

(三浦先生)
AgIC(現:エレファンテック)とは法人をたてた前後くらいに一番最初にプリンタを導入しました。それ以来学生用に使ってもらっていて...

(杉本)
初期ロットカスタマーです。

(三浦先生)
そう、初期ロットカスタマーです。

(杉本)
新しく名前決めたんですよ。 P-Flex™というのがでまして。

(三浦先生)
あぁ、いいね

(杉本)
(基板の)作り方も、サブトラクティブ法とかセミアディティブ法とかいろいろあるのですけれども調べたらフルアディティブ法もあるのですけれども、違う方法で

(三浦先生)
載せるだけの...

(杉本)
いや、削るんですよ。
だからそれはフルじゃないじゃんということで
ぼくらはピュアだ、ということで
ピュアアディティブ™法(で基板を製造しています。)

(三浦先生)
いいねえ。それで、ピュアフレックス!いいねえ。

(杉本)
ええ、ピーフレックス(P-Flex™)。
アディティブ マニュファクチュアリング(Additive Manufacturing)の中で、
やっぱりこういうのは面白いよねっていう話。

小ロットがよかったり、
ロングテールがよかったり
値段とスピードもはやくて(という基板だと)
一発10万円(の基板)だと勇気がいったり
先生の許可がいる(けれども)
(そういうのが)要らない価格でできるというのがよい(と思う。)

(三浦先生)
いいねえ

(杉本)
三浦さんは鳥取で
もの作り的な...

(三浦先生)
鳥取で工学教育の一環で学生がロボットを作ったりとか
人工衛星つくるのを目指すのを指導していたり
自分自身でもドローンとか飛行体の制御とかをやっています。
他にもロボットを使った実験もやっているのですけど。

例えば、学生さんの立場からいうと
まず、やっぱり試しにやってみたい、っていうのが
すごく安く作れるというのが最高だね。

学生も、こういうのを作るのに
大学の予算を使いたいです、と言ってくるのに
お金(制作金額)みて(予算が合わないから)
うーんちょっと...ごめんな...
ということが多い中で、
この値段で、きたら
オッケー! 出せるので
学生に対していい顔ができるので

(三浦先生)(杉本)
いいよ~いいよ~作ってみな

(三浦先生)
そうなんです!
それから、僕は飛翔体の制御をやっているのですけど、
飛翔体とかだと結構スペースとか
重量がかなりシビアなので
持てる空間をできる限り活用したいんです。

そういうときにフレックス(基板)の可能性が
ええ、そこ使うの?みたいな空間に
折り曲げて入れたりとか
そういうのができるんじゃないかなと期待しているのと
同様に
大学の中の実験装置もかなりそういうところがあって
実験装置を作る側は
実験に目が向くから割とその辺の空間配置が雑で
足りなくなって
いざ作ってみると
ここ干渉するじゃん!というところが
特に学生に任せるとあるので
こういうのでクリアできるといいなと思います。

(杉本)
貼れたりするのがよくて

(三浦先生)
いいねえ

(杉本)
ケーブルを押さえたりとか

(三浦先生)
いいねえ

(杉本)
どうやってとめようみたいなネジとかが要らなくて
もう両面テープできゅっとはって終わりみたいな。
コネクターがなくなるというのがでかいんですよ。

(三浦先生)
めちゃくちゃいいねえ。

(杉本)
一枚のなかにそういうのを全部つけてしまえば
コネクターがなくなるので
あとはたたんでやってください
というのが正しいやり方

(三浦先生)
すごいね。

今の話を聞くと、基本的なやり方みたいなのが
がらっと変わるんじゃないか

すごい楽しみにしています。
なので

そういう世界になったときに活躍できるエンジニアを育てるために
いちはやく使ってみたいなと

(杉本)
ぜひ。ありがとうございます。

   

 

三浦 政司 (MASASHI MIURA)
M.MIURA | Assistant Professor, Tottori University

   

 

 P-Flex™ 製品ページを見る

『P-Flex™』無料サンプルを申し込む
 P-Flex™ 製品ページを見る

フレキシブル基板 無料サンプル申し込み